スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【就職活動】面接のときに気をつけていたこと~安田の場合~

こんにちは!
火曜日担当の農業ガール、安田です(^^)
バイソンの話しで、研修帰りの新幹線の中で
農業について熱く語ったことを思い出しました。

最近はというと、
卒業研究まっしぐらで、
あまり代わり映えのない日々を過ごしています(^^;
でも研究できるのも、人生であと少し!
それならやれるだけやってやろう
という気持ちで、最後まで頑張りたいと思っています(^^)


さて、1月24日(木)からの一週間は、
『面接のときに気をつけていたこと』
という共通テーマで各メンバーが書いてきましたが、いかがですか?
いろいろ出てきていましたよね!

私は、面接対策として
面接前日に、大学が企画していた模擬面接に、
行くようにしていました。
そこで参考になったことを書きたいと思います♪

私の場合は、次の4つです。
①面接室に入るときは、元気よく第一印象は最高の状態で。
②面接官の方と、緊張しすぎずいつも通りの“会話”をする。
③結論は短く返答する。
④与えられた時間の中で、自分をできるだけ売り込む。


まず、①面接室に入るときは、元気よく第一印象は最高の状態で。
これは面接対策の本などにも書いてあると思いますが、
やはり、人間は第一印象の影響って大きいもの。
弱弱しく元気がないと、あまり良い印象は持てないなと思い
入室するときも、笑顔で元気よく『失礼します!』
というようにしていました。
経験的にも、それで面接官の方に「元気がイイネ~」と言ってもらえると
お互い気持ちよく面接が始められると思いました(^^)

次に、②面接官の方と、緊張しすぎずいつも通りの“会話”をする。
普段は、他の人と緊張せずに話せるのに、
面接だと緊張しすぎてしまって、
上手くしゃべれない・・・
と、面接って緊張しがちですが、
日頃から大人の人と話す機会をもっておくと
案外、面接でも緊張せずに
話すことが出来るのではないかと思います。
私は、面接官に自分を良く思ってほしいと思いすぎると
態度に表れて下手下手に出てしまっていたみたいなので、
話すときは、しっかり面接官の目を見て、
気迫を出しながら話すように心がけた方が
思いが伝わる
とアドバイスしてもらいました(^^)
確かに、実際の面接で試してみて、
その効果はあったかなと感じています!

そして、③結論は短く返答する。
これは、面接官と会話をする中で、
一方的に結論から理由まで自分が全て話してしまうのではなく、
結論+簡単な理由を回答しておいて、
その中に面接官にここが聞いてほしいという
キーワードを入れておくんです。
それで、面接官にもっと話しを聞きたい
と思ってもらって、質問してもらう。
それにまたキーワードを盛り込んで短く答える。
これを繰り返すことで、
『この子はコミュニケーションがとれる子』
と思ってもらえるのではないかと思います。
これは先ほどのにも繋がってきます(^-^)

最後に、④与えられた時間の中で、自分をできるだけ売り込む。
面接ってし始めると、あっという間に
時間が過ぎてしまいます。
そこで、毎回この面接ではこれは必ず話しておきたい!
という事を前もって決めておき、
面接中で伝える
ようにしていました。
そうすると、あの話はもっとこういう言葉で伝えれば良かった・・・
と後悔せずに、やり切れます♪

今回は長くなってしまいましたが、
いかがでしたでしょうか?
『面接のときに気をつけていたこと』使えそう!と思ったことは
是非取り入れてみてください!
今はESを書いたり、説明会に行ったりと忙しいかと思いますが、
今から面接のことも考えておくと、
後で焦らなくても大丈夫!
になるかもしれません(^^)
応援しています!!!

今回の記事に対しての意見や感想
または、内定者にこんなこと聞いてみたい
なんてことがあれば気軽にコメントしてください♪
お待ちしております(^^)


それでは、私はまた来週火曜日に更新します!!
次のブログメンバー高崎君の更新は木曜日です(^^)
次回からはまた別のテーマでお送りします!
お楽しみにっ♪
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://radinaiteisns.blog.fc2.com/tb.php/115-d7658711

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。