スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終面接の苦労話‐源河の場合‐

こんにちは!
先日僕は一人で京都に行ってきました。
写真(2)
写真
深夜バスにのり、お目当ての湯豆腐を食べたり、地元のおばちゃんに構ってもらったりしていました。
一人旅もたまにはいいですね!

さて、今週のテーマは「最終面接での苦労話」がテーマです。
先日の記事で述べましたが、「何をしていいのやらわからん状態」だった僕は、うーんうーんと頭をひねれど、良い案は出ず。
血迷った結果、スティーブ・ジョブズの「驚異のプレゼン」を読んでみたりしていました。
読んだ結果、ジョブズ的良いプレゼンに必要なのは「製品への深い愛と理解」であると個人的に理解していました。
「!」

この時点であと1週間。
四の五の言っても始まりません。形にせねば。
僕の伝えたいことは、らでぃっしゅぼーやに惚れた。しかし知名度が圧倒的にない。
知って欲しい。できれば学生くらいの若い層に知ってほしい。
しかしいかんせん商品が高い・・・。
たくさん売って価格を下げられる段階ではまだないと思う。
では、お金を払ってでも買ってくれる人ってなんだろう?

そのように考えて、最終プレゼンを突貫工事で仕上げました。
なんでも材料になるだろうと、Twitterで拙いアンケートを拡散してもらったり、Facebookで利用者の方にお話を伺ったりしていました。
毎日大学の図書館のデータベースにかじりついていました。
なんとか仕上げ、本番では汗をだらだらに書きながらプレゼンした覚えがあります。
正直、落ちたなあ・・・と思っていました。

しかし、ここまで1つの企業について考え抜いたのは初めての経験でした。
高崎君も言っていましたが、この経験は、間違いなく今後に生きると思います。
悪くいってしまえば負担の大きい、しかし半面、最終面接に本気で臨んできた学生のプレゼンは、それだけ濃い思いの込められたものになると思います。
いい経験ができたし、落ちても仕方ない。
そう思っていたのですが、縁あって内定を頂けました。
そのため僕は、なおのこと貢献したい気持ちが強いです。

さて、明日は橋本君です。
お楽しみに!

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://radinaiteisns.blog.fc2.com/tb.php/150-d66caa4b

コメント

お久しぶりです!
現在、とある企業さんの選考でプレゼンの資料を作っています^^
商品に愛を持ちつつ、自分の発表資料を愛し過ぎないことを大切にしながら毎日頭をひねらせています(笑)
最近では、本やネットでの情報収集をしていると、椅子に座りっぱなしで頭が固くなってしまうので、
フィールドワーク気分でお店や人から情報収集をしています!
これがとても楽しいです!

悔いが残らないように、
本気で臨んで、自分の意見を思い切りぶつける気持ちで選考に挑んできます!^^

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。