スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカン!!

こんにちは!

どんどん寒くなってきましたね!
農学部では明日から収穫祭というものが開催されます。
以前ブログで載せていたみんなで作った野菜達を販売します!
全部売り切れるといいのですが!

さて、先週の土曜日に私は久しぶりに実家に帰りました。
理由は実家のみかんを摘むためです。
そして私だけではなく、多くの学生を引き連れて帰りました!
そう、お手伝いをしてもらうためです。
ミカン
これはみんなの写真です!
ちなみに私は右から3番目!
山の上にある畑からの写真です。

そこで今日は、ミカンについての記事を書いていこうと思います。
私の専門は野菜であり、ミカン農家の息子なのに果樹についてはあまり詳しくありません!
でも頑張って書いていこうと思います!


さて、ミカンだけでなく、野菜・果樹にとって味に大きな影響を与える要因って何だと思いますか?
肥料、水、気温、日射量など多くの要因が考えられますね!
その中でも重要なのは、日射量だと私は考えています。
どれだけ多くの光が植物(葉)に当たり、どれだけ光合成をするかにかかっているかと言うことです!

ではどのようなところでミカンを作ると美味しいミカンが出来上がると思いますか?
光が当たるところとはどこでしょう?
光の源である太陽は東から上がり南を通り西に沈みます

そう、簡単ですね!
つまり南向きの畑が一番いいわけです。
特に島では、真ん中に山があります。
山の北側の斜面にミカンの木を植えても太陽の光はあまり当たりません!
しかし山の南側の斜面にミカンを植えた場合、まず朝から光を受け、昼にも南から光を受け、その後西からも光が当たるわけです。

つまり、太陽の光を受ける時間が非常に長くなります。
そして光合成を多く行うことができます!
光合成を多く行うことができれば甘い果実ができますね!

これから分かるようにどれだけ日が当たるかでミカンの味は大きく変わってきます。
つまり同じ一本の木でも部位により味に差がでてきます。
木の上の方の光がよく当たる部分では美味しいミカンができます。
しかし下の方で光が当たりにくいところでは味が落ちてしまいます。
また下の方でかつ北側のミカンはさらに味が落ちてしまいます。
面白いですね!植物は本当に正直です!


これは、イチゴにおいても同様です。
イチゴでも日射量は非常に重要な要因です!

例えば、ハウスにはビニールがかぶせてありますよね?
ビニールは何年も使っていると汚れてきます。
つまりそれだけハウスの中に入る日射量が少なくなります
そうすると味は低下してきます!
それほど日射量は品質を大きく左右します


もし、みなさんがいろんな場所に旅行に行った時、どういったところに果樹が埋まっているのかな?どういうところにハウスが建っているのかな?

という風に、ちょっとだけ考えながら見てみると少し面白いかもしれませんね~
まーこれは私だけかもしれませんが!
でもいつもと違う視点で物事を見るって大切なことなのですよ!
これは就活においても一緒だと私は思っています。


さて明日は、先週オシャレな料理をあげてくれていた源河君の投稿です!
お楽しみに!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://radinaiteisns.blog.fc2.com/tb.php/41-9ece43b6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。