スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きゅうりってこんな苦かったっけ???

こんにちは(^^)
火曜日担当安田です!

だんだん京都では山が色づき始めて、
通学途中に電車から見える風景がとても綺麗です♪
今年は嵐山などに紅葉狩り に
行けたらいいなと考えています(^^)

さて、この間の土日に私の所属する
学生団体のイベントがありまして、
そこでお昼は皆で持ち寄ることになり、
私はポテトサラダおでんの出汁を使って大根を炊いたもの
作って持っていきました♪

世屋の風景


ポテトサラダ


今回はこのポテトサラダを作っていた時に
ふと疑問に思ったことを話題にしてみたいと思います!

ポテトサラダに入れるきゅうり水分を取るために
塩を少し降り、ぎゅっと絞った時に
きゅうりからが出てきたんですね!
少し手についたものを興味本位で舐めてみたところ
すこし苦かったんですね(><)
その時にふと思ったんです。
“きゅうりって確かほとんど水(約90%)だよね?
だったらこの苦みは何なんだろう???”
皆さんはこんな体験したことがありますか??

そこで私、調べちゃいました!!(^^)
わかったことは、何やらきゅうりの皮のすぐ下
きゅうり全体に水や養分を運ぶための維管束があって、
その間にギ酸という渋みのもとになる成分
きゅうりのあくとなっている物質
多く含まれているそうなんです!
しかも、この維管束の中に集中して
このギ酸が存在しているらしいのです!

私がきゅうりを絞った時に出てきたのは、
この維管束に含まれていたあくの苦み成分だったんですね!

じゃあどうすればこのあくを取り除いて、
おいしくきゅうりを食べることが出来るのか!?


一つは昔から言い伝えられている事らしいのですが、
きゅうりのへたを切りそれをそのまま切り口に
くるくるとこすり合わせる
だけなんです。
たったのこれだけで、きゅうりに含まれるあくを
少なくすることができるそうなんです!
実際に実験データもあるらしく、2分間こすり合わせると
このあくの量がかなり減るそうです。
すごい!!

もう一つの方法は、皆さんもやったことがあるかもしれません(^^)
“板ずり”という方法で、きゅうり塩をまぶし
まな板の上でごろごろところがし
維管束を壊してあくを含む液体を絞り出すんです
簡単ですよね(^^)

これで、よりおいしくきゅうりを食べちゃうことが出来ます!
疑問も解消できて、また料理が楽しくなりました♪


今回のブログはいかがでしたか??
今までと少し違った書き方をしてみたので、
まだまだ伝え方が下手な部分があると思いますが、
これからも頑張っていきたいと思います(^^)』♪

さて、次回の私のブログ更新は来週の火曜日です!
そして、木曜日のブログ担当は、最近内定者紹介ページ
作ってくれた頼りになる高崎君です!お楽しみにっ♪
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://radinaiteisns.blog.fc2.com/tb.php/44-42f7ca86

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。