スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目。なぜ僕がらでぃっしゅぼーやの選考を受けたのか

皆さんこんにちは!

土曜日担当、変な名前の人です。
ちなみに金曜日担当の稲角くんは「かっこいい名前の人」です。

2回目の更新!
前回の続き・・・

(モノローグ)
源河直也は大学入学当初、自身の将来についてなど考えたこともなかった。
就活?フリーターでもいいよ・・・と考えた時期もあった。
新聞奨学生としての生活。2時起床のルーティーン。3限以降の夕刊。
「なんで俺は大学に来たんだっけ…」と自問自答する日々。
気が付けば、就活は目前に迫っていた・・・



そんな僕の意識が変わっていったのには、新聞奨学生としてアルバイトとは違う環境で働かせていただいていたことが大きかったと思います。
働かれている社員の方々を見ていて、「どうせ働くのなら、好きな物を扱いたい!」という思いが湧いてきていました。
自分の売り込む商品が好きでない、商品そのものにも自信が持てない・・・
それだと仕事をしていてもなんだか空虚だな、それは嫌だな、と思っていました。

そんな中、前回の記事(リンク)で話した食サミットでらでぃっしゅぼーやと出会いました。
食べるのは好きだし、宅配の野菜は取ったこともある。
しかし、食品業界(当時はそう思っていました)にはこれっぽっちも興味はなく、就活してますポーズとして(良くないですね)、参加を決めたような気がします。

その食サミットが、転機だったのです。
他社の説明会などもちろんまだまだ始まっていません。
食サミットの中で、とある方が、
「自分の原風景を大切にしろ」ということを仰っていました。
旅行先で見た風景が、現在の仕事への思いにもつながっているということ。
らでぃっしゅとは関係のない文脈で話されていたことが、僕の心にはやけに残っていました。

自分の原風景とは何か?

と家に帰ってから考えていると、なぜか浮かんできたのは

小さい頃、母と弟と焼き立てのパンを買って、座って食べながら
当時大好きだった電車を見ながら上田電鉄の線路脇を散歩している

という光景でした。
こういう光景が見られるようにしたいな、自分の未来にそれは可能なのか?
そこに貢献できるといいな。

・・・

すごく抽象的な話なのですが、食サミットの帰りにこう考えたことが、らでぃっしゅぼーやの選考に参加したことに繋がっていたと思います。
就活中も毎日仕事はあったため、「好きな企業・働きたい企業」だけを受けるというわがままな就活をしていました。
4月の終わりに最終選考を受けた段階で、自分の持ち駒(就活中よく言いますけど、これも失礼な表現ですね・・・)はほぼ底をついていました。

至らなさすぎる僕は、らでぃっしゅぼーやに拾ってもらった、という思いが強いです。
貢献するのはこれからなので、まずはスタートラインに立たせて頂いた幸運に感謝しています。

就活生の皆さんも、縁を大切に!
(あと、エントリーは大目にした方がいいですよ。精神衛生的に(笑))

そんなわけで僕は好きな企業に内定を頂くことができて、意識の高い内定者の仲間達に刺激を受けられ、現在幸せなのです。
そして、プレッシャーも非常に感じています・・・!

では、次回また会いましょう。さようなら!
会社紹介や社員紹介は、もう少ししたら始まる予定です。
しばしお待ちを!

では!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://radinaiteisns.blog.fc2.com/tb.php/9-bfc1f8f7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。