スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【その他】島!!

明けましておめでとうございます!
金曜担当の稲角です。

みなさん、お正月はどのようにして過ごしましたか?
私は実家の島に帰り、中学校の同窓会に行ったり、いとこや近所のおばちゃんに会ったりしてきました。
いやーみんな変わってないですね!
そして改めて感じることは島の人たちの暖かさです。
島っていいなと感じました。

さー今日はそんな島に帰って感じたことを書いていきたいと思います。
すごく寂しいことなのですが、私の通っていた小学校、中学校が今年最後で閉校になるのです。
岡山から実家に帰る途中で、中学校、小学校の両方の前を通るのですが、閉校まで81日とカウントダウンがされていました。
自分達の周りの世代は何も変わっていませんが、下の子供達の世代は大きく変わってしまったのだなと感じました。
閉校の理由は子供がいないということです。
私が子供の頃には、島の地区対抗綱引き大会や、町民運動会、駅伝、地区子供会のキャンプなど、子供を中心に多くの行事が行われていました
その親子でのつながりが島の暖かさにつながっていたのだと今は思います。
でも、今では子供が少ないため、そのような行事もなくなっています。
悲しいですね!

結局、その島の力って子供の力じゃないかなって思います。
子供がいなければ島は繁栄していかないのではないかと
これは島だけでなく、大きく言えば日本という単位で見ても同じ気がします。
子供が少なくなれば、将来、日本を良くしていける人も少なくなります
経済的な面から見ても、日本全体で動くお金の量も少なくなります。例えば、若い人の40%(例えですよ!)が車を買っていたとすると、分母(若い人)が減ってしまえば車を買う人も少なくなります。そうすると世の中で動くお金の量も少なくなります。
子供の数が減ればそれだけ将来、お金を使う人も減るわけですし、そうすると日本の経済力はどんどんどんどん小さくなりますね

子供って本当に大切です。
ではなぜ、島に子供がいなくなったのか?
それは、子供を養うことができない、つまり働く場所がないからです!
働くところがないから、お金を稼げない。だから子供を養うことができない。そして島をでていく。
この連鎖が続くことでだんだんと島の子供の数が減っているのです。

国における少子化の理由は多くありますが、その中の一つにこの子供を養うことができないという理由がありますね。
私達の世代、そしてこれから先の世代を良くしていくためにも、国の雇用対策、少子化対策が本当に大切になってくるなと改めて感じました。

さて、話は変わりますが、らでぃっしゅぼーやは、食と暮らしを通じて持続可能な社会の実現を推進しています。
有機低農薬野菜や無添加食品の宅配サービスという主軸事業を拡大し、環境保全、そして子供たちの未来を担っていこうとしています!

らでぃっしゅぼーやのビジネスが拡大すれば、農とういう雇用も増えるだろうし、またそれは大切な子供の命にもつながるわけです。

直接的に雇用、そして少子化の問題を解決するとうわけにはなりませんが、そういう思いを持ちつつ仕事をしていきたいなと思いました!

さて、今回は直接就職活動に関することでもなく、農に関することでもありませんが、島に帰って思った素直な思いを書いてみました。
こんなこと思っている人もいるんだくらいで読んでくれたら嬉しいです!

全然記事とは関係ないですがこれは今日とれたイチゴの写真です!
イチゴトレイ
美味しそうなのでのせてみました!

そしてついでに私の写真です~
イチゴ稲角
年始なのでのせてみました!

さて、明日は源河君の投稿です!
2013年初めての投稿です!どんな記事を書いてくるのか楽しみですね!
お楽しみに~


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://radinaiteisns.blog.fc2.com/tb.php/92-eecd515b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。